今日も雑に踊る。

雑に日常綴ってます。ボードゲームと本が好き。

パンデミックイベリアでイベリアを救えなかったお話。

ブログっていうのは勢いづくと毎日更新できるけど
一日更新さぼると
また間が空いちゃうよねー


ブログあるある。


なんとなくまったり更新していきたいと思います。

 

 


こんにちはめりです。

 

ボードゲームの中でも
わりかし私は協力型が好きで
ボードゲーム始めたばかりの頃は

 

ザ・ゲームとか
パンデミック(新たなる試練)とか
ドラスレとかとか

よくやってました。


パンデミックは大体世界滅亡\(^o^)/
ドラスレはドラゴンフェーズで
大体全員死亡してましたが\(^o^)/

 

協力型っていうのは
みんなが同じ目標に向かって動くので
初対面でも親近感が沸きやすく
仲良くなれちゃうから好き。


で、協力型ゲームのパンデミック
新しくパンデミックイベリアが登場したので
さっそくうちの店も入荷。

先日遊んでみましたよっと。

f:id:kyoumozatsu:20170425174905j:image

 パンデミックイベリアをプレイしてみて

 

パンデミックイベリアの舞台は
その名の通り、イベリア半島
19世紀半ばの疫病が大流行した時代。

私たちに課せられた使命は
マラリア、チフス、コレラ、黄熱の研究をしつつ
患者さんの治療も行うこと。
鉄道も敷かなければならなかったりする。

大忙し\(^o^)/


4つの疫病すべての研究ができたら私たちの勝ち。


どんどん広がる疫病を退治しつつ、
水の浄化とかいうのもしなきゃいけないし
鉄道も引いてうまく進めていかないと
間に合わない。


容赦ないエピデミックやアウトブレイク

果たしてイベリア半島を救うことはできるのか!?

 

結果

 

結論から言えば
イベリア半島は救えませんでした!残念!


アウトブレイクは1回しかしなかったし、
エピデミックカードは4枚しか入れなかったし、
疫病3つはわりとスムーズに研究できたんですけどねーー

f:id:kyoumozatsu:20170425174900j:image

 

 

最後の一つが間に合いませんでした。


山札なくなって終了。
ちーん。

惜しい!!!


なんか、

パンデミックイベリアは19世紀が舞台だからか
デザインがレトロな感じで
個人的にはすごく好きなデザイン。

木製のコマもいい味出してます。


このパンデミックイベリア、
患者の流入と歴史上の疫病っていう二つの
追加要素があって
これが入るとまたべらぼうに難しくなるみたいです。


追加要素もなく、エピデミックも最小限の
初級の世界で滅亡してる場合じゃねぇ\(^o^)/


ということで
次回は綿密な作戦を練りつつ
再チャレンジしたいと思います。

日に日にボードゲームが店に増えて
プレイがまったく追いつきまへん。

今日のボードゲーム会も
盛り上がるといいなー

ということで今日はここまで。
またいつかー。